八王子 保険相談

 

 

今の世の中、若い子たちは年金がちゃんともらえるとか先の話し過ぎて興味がない子たちが多いと思います。ただ、自分の給料から毎月引かれているし大丈夫でしょ!っと思うのは甘い話なのです。年金によって貰える金額は違います、もしかすると年数があと少し足りなくて年金が貰えない可能性もでてきます。

 

年金も貰えるようになる年齢まで、かなりの年数があります。結婚をし子供が産まれ、お金がどんどんかかるようになります。子供を育てるために頑張って頑張って働いてやっと子供が成人立派になります。

 

お父さん、お母さんも一安心、これから2人の時間が増えます。今まで行けなかった旅行いきたいですよね、我慢してた物欲しいですよね?お父さんが定年退職し、やっと働かなくても良くなったと思いきや年金だけでは生活が出来ない、なんてことになったら困ります。まだまだ、働かないと行けない状態へ戻ってしまいます。

 

ゆとりある、セカンドライフを、夢みてきたのにそれが無くなってしまうって悲しくありませんか?孫がきて、あれ欲しいこれ欲しい、オモチャ買ってなどまだまだお金が必要になります。自分が貰える年金プラスいくらかは必要です。貰える年金額が上がったとしても、この先の物の物価が上がったら意味がありません。

 

プラマイゼロもしくは、赤字です。ゆとりある、老後の生活を送るためには年金保険とかを事前からやっておいた方が良いと思います。セカンドライフの為に若いうちから入っていて損はないと思います。

 

梅田駅近くのおすすめ保険相談情報

 

死亡保障の金額はどの位?

 

結婚をして、子供が産まれもしもの時を考えて保険に加入される方って多いんじゃないかなと思います。でも、うちの旦那は、しぶとく長生きしそうだしそんな金額掛けなくても大丈夫とか、死亡してお金もらっても嬉しくないけど色々な考えがあると思います。

 

仮に、子供が2人いるとします。昨日まで元気だった旦那さんが、急に亡くなってしまう可能性もあります。残された奥さん、子供はこの先のどうして、生活していかないといけないのか考えたことってあまりないと思います。奥さんはこれから、小さい子供を育てる為に毎日朝から晩まで働きます。

 

家事もあるし子育ても大変です。お母さんがこらから1人で子供達を育てていくと言うのは、かなりの苦労です。子供達が、どんどん大きくなっていき塾やスポーツ受験をし入学金など想像もできない位の金額に、お金がないから進学させれ無い。なんて、できませんよね。あの時、お父さんが残してくれたお金があるから助かる、助かってるの言うのがででくると思います。ただ、死亡保険でも加入時にいくら位の金額を掛ければいいかわから無い方もいると思います。多ければ多いほど保険料も高くなってしまいますし、困りますよね。

 

保険担当者の方に相談するとだいたいこの位あれば大丈夫だと教えてくれます。アクサの方だとタブレットですぐに家族構成をし、子供が大学まで進学するとこの位の金額がかかるしとか正確に教えてくれるので助かります。一度、見てもらうといいかもしれないですよ。